スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖い話

というわけで、今回ご紹介させていただきますますのは、 【黒い家】 大変怖い話でした。 友人からこの本を譲ってもらい読んでみました。 ホラー小説は今回初めて読むのですが 小説、文面なのに、作者の語り口がうまいせか 容易に想像でき、その現場にいあわせたような? まあいい過ぎですが、 私は大変怖がりで、この話を読んだ後は家の戸締り をきちんとし、夜は音楽をつけないと寝れない状況に、、 それでこの表紙は気持ち悪いし、怖いし、捨ててしまおう と、思ったのですが、友人にも悪いしので会社の パートのおばちゃんにお譲りいたしました。 a href="http://blog-imgs-13.fc2.com/c/h/i/chineserestrant/20070810204149.jpg" target="_blank">20070810204149.jpg
ね? 表紙が気持ち悪いでしょ? 話の内容ですが、 主人公、若槻慎二は生命保険会社の北陸支社で 保険金の支払査定に忙殺されていた。 ある日、顧客・菰田(こもだ)の家に呼び出され、 ありえないタイミングで子供の首吊り死体の第一発見者 になってしまいます。 それからというもの、菰田とその妻・幸子 から執拗に保険金請求されてしまいます。 彼らの不審な態度から他殺を確信していいる若槻は、 独自調査に乗り出します。 これからが悪夢の始まりです。 若槻「この人間には心が無い」 恐怖の連続、桁外れのサスペンス。 未だかつてない戦慄の境地へと導かれてしまいまして、 衝撃の“新感覚”サイコ・サスペンス・ホラー。 そして、 半年くらいたってから 友人の男の子から 「林檎さん、この本良かったら読む? 凄く怖いよ」 ドン引きでしたよ 最悪な話です。 ←好き好んで買う人いてるんですかね? ↓押さないと呪われるような気がする

 

今の私の順位!!

 

スポンサーサイト

恋愛的なサスペンス的な

私はですね、東野圭吾が

なかなか好きでね、たまに買うんですよ。

それで最近出ましたね。


東野圭吾の新境地にして最高傑作!!

という謳い文句

『夜明けの街で』が。


価格 1,600円 (税込1,680円)


内容は不倫相手が時効直前ですが殺人容疑にかけられていて、

主人公の男が不倫相手との関係、殺人容疑

妻に対しての嘘などにドギマギする、

という内容ですね。

何の落ち度も無い、優しい妻と、最愛の娘を捨てて

殺人容疑を持った不倫相手と結ばれるのか?

それとも家庭を守るのか?

不倫はしたことはありませんが何とも

リアルに想像できる、語り口、

見ていてハラハラする場面もあります。



しかし東野節は時々おやおや?

ということをします。

例えば今回の話ですと、

主人公、こと渡部(男)が不倫相手の女に

アルファベットで書かれた

”a” の文字のプラチナネックレス?

をプレゼントします。

不倫相手の名前は

秋葉。



まあまあ

良い話しでっせ!!


↓押したりコメントしたり
 してくれても・・・いいじゃない


 




今の私の順位

c_01.gif




今回は舞妓の話どすえ

20070730000139.jpg



↑何か異様な雰囲気の表紙ですが、

ホラー小説ではございませんよ

今日は最近読んだ小説のお話を一つ

『さゆり』という本ですが

舞台は昭和初期から戦後にかけての京都でのお話ですね。

貧しい漁師の家で育った娘千代さんは、

信頼をよせていた中年男性の田中さんという方に

祇園の置屋に身売りされてしまいました。

お金は千代さんのお父さんのふところに入ったような、

京都では後に彼女のよき理解者となる

「会長さん」との出会いをきっかけに、

祇園でも指折りの芸妓さゆりへと成長してゆく。

その千代=さゆりの半生と、

芸妓であるがゆえに果たせない

「会長さん」への思いを、

当時の祇園の細やかな描写を背景に、

老女の回想録として描いた異色の海外小説。

   

   海外小説?

   著者:アーサーゴールデン(米国)?


作者日本人じゃないんだ!!


日本の話をアメリカ人が?

しかも昔の?

なんかすっとぼけたことでも書いてそうな

気がしそうですね。


まあ、日本しか知らない私からすれば

私がおでこに点のついているインド人の人達の話を

する様なものであろうと思っていました。



しかし、暴力とかではありませんが女同士の戦いや

さゆりを取り巻く男達のやりとりも意外と面白かったですね。

もともと舞妓さんのことは全く知らないせいか

勉強になったような気がする一冊です。


ついでに映画化もされているみたいなので

今度みてみましょうかねえ。
【DVD】SAYURI主演チャン・ツィイー \3,465-



20070730000139.jpg




↑ それにしても怖いですねえ





今の私の順位!!


 




theme : 日記
genre : 日記

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
プロフィール
林檎川 緑です。              私のプロフィール                                    林檎が好きだからとかそんなんじゃありません。

林檎川 緑

Author:林檎川 緑
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。