スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は恋愛の話!!

今晩は林檎です。 
皆さんは良い恋愛をされていますでしょうか?
私といえばサッパリですね。
今回は知人の恋愛話を一つ



『第一恋!~痴漢~』


俺は痴漢をする奴らが信じられない、
今、満員電車の中、俺のよこで顔面に油をまとった
中年の男が女子高生のケツを触っているみたいだ。

←こんな痴漢おるか~?

先週は違う中年の男が駅長室でOL風の女と
触った触ってないとかでもめていた。




それにしてもこの沿線はよく痴漢がでる。
しかも、今回痴漢されている女子高生はお世辞にも
可愛いとはいえない。




男という生き物は中年になると相手の顔は関係ないのか?
しかも、もし見つかって通報されようものなら、
警察に捕まり、会社でも何かの罰が与えられ
家族には気まずい思いをして、
年ごろの息子や娘がいれば顔を合わすのも忍び
ないのではないかのか。




こんな危険を侵してまでやることではないと思う。
それ以前に女の気持を考えろ!
この親父には良心といものがないのか?




そんなことをするなら、金を払って風俗にでも

 行きやがれ!!

江頭



まあ、俺からすれば金を出して女を買うなんて

 

最低な行いだがな!!ハハハ




それにしても女子高生!
抵抗しろ!されるがままじゃないか。
もはや痴漢なんて当たり前で通報するまでもないということか?
なんて乱れた社会なんだ!性社会ジャパン!



お!もう○○駅か?
あの女が乗ってきた。
おや?
あの女、髪の毛を切ったのかショートヘアーも似合うじゃないか。




この女はいつも俺と同じ電車になる、
俺は今の会社に入社して半年になるが
いつもこの女と同じ時間にこの満員電車の中で乗り合わせる、
念のために言っておくが、いつも同じ時間
に電車に乗りあうのは女の為ではない会社のためだ。
遅刻は社会人失格なのである!


それにしてもいい香りだ。
しかもスタイルも悪くない。顔も、ケツも。




は!

駄目だ!何を考えているんだ。くそ。

女が携帯の受信メールボックスを開いている。
見たくは無いのだが満員電車の中なので
周りの人間に押されて見えてしまう角度に
たまたま顔が押し出されたのだ。
決してわざとではない。

何やらメールを確認しているみたいだ。
メールの内容は?
『またやろうぜ!!』

またやろうぜ?
何をだ?
男からの通信か?
何をやるんだ?
囲碁か?




水泳か?


水着か?


水着の下は裸か?
全裸ですることといえば
囲碁か?将棋か?
痴漢か?
女が返信する


『私はいつでもOKよ』



俺の頭のなかで何かが切れた音がした。
頭の中が真っ白だ。









そして気が付くと女が俺の腕を握り締めて
俺をきつく睨んでいる、


どうやら俺は痴漢をしたようだ。
次の駅につくと女に手を引かれ電車をでる、


電車が過ぎ去り人も周りから消えた、二人だけの空間、
今から駅長室に連れていかれて、俺の名前や年齢、住所
さらには会社名を聞かれて
警察にでも引き渡されるのであろうか、
あー会社に遅刻する、
下手をしたら休みをとらなくてはいけないのでは?
上司には何と報告する?


痴漢で?いやまずい、
女に逆ナン?無い。
女が痴漢にあっていたのでたすけた!いやばれるな。


クソッ!会社で凄く気まずくなるじゃないか!
会社一美人と定評のある俺のマドンナ和子さんにどんな目でみられるんだ!


この瞬間人生が終ったと感じた。
女は無言のまま俺を睨みつける。


この数秒間
どのぐらい時間がたったであろうか?
と思うくらい俺の中では時間が長く感じた。

気まずいなあと思った瞬間、
女が口を開く。


「あなた自分が何をしたのか分かっているの?」


俺は触る気はなかったんだ!
無意識の内に触っていたのだ!
そのいやらしいケツが駄目なんだ!


なんて意味不明なことが言えるわけがない。
しかし女のケツの感触がまだこの手にのこっている!
とにかく謝ろう!



そして金を出してでも許してもらおう!





そして謝ろうとした直前に女が


「あなた、私の事好きなの?」


俺は耳を疑った、この女は何を言ってるんだ?
お前のケツが好きだから触ったに決まってるだろ?
いちいち確認するな。返答に困るだろうが。
俺は何も答えられないので、
小声で

「すいません。」

すると女が、

「仕方ないわねそれじゃあ付き合ってあげるわ。」 


この女は全くもって何を言ってるんだ?
付き合うって何をだカラオケか?
居酒屋か?
そんなわけはない、
交際だ、
女から交際したいと申し出ている。

俺は冷静な男なのですぐさま
答えてやった。

「へっ、仕方ねえな。」








経緯はどうあれ彼はその女性と付き合うことになったそうなめでたしめでたし・・・。


↑これ絶対嘘ですよね!!!



作り話だと思った方もそうでない方も
↓↓↓


 


皆様のお暇潰しになりましたでしょうか?

今の私の順位!!


 



相互リンク・探索マン

スポンサーサイト

tag : 恋愛 痴漢 エロ 短編小説

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
プロフィール
林檎川 緑です。              私のプロフィール                                    林檎が好きだからとかそんなんじゃありません。

林檎川 緑

Author:林檎川 緑
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。